介護とリハビリと有料老人ホーム

施設の種類

有料老人ホームの種類を教えましょう。どのような施設に住むかはその人の健康状態と考えによって変わってきます。

有料老人ホームは事業主体、対象、費用もすべて「施設による」で変わってきます。食事をはじめ、快適な日常生活を送るために必要なサービスの提供、施設の内容により、費用はさまざま。生活スタイルや立地なども、選ぶ際のポイントになります。しかし、有料老人ホームのスタイルは事業主体、対象、費用などと比べ少なく、4つに分けられます。

1、健康型有料老人ホーム

食事などのサービスはありますが、自立して生活できる方が対象となるスタイルです。そのため、介護が必要になった際には契約を解除して退去しなくてはならない場合もありますので、要介護者となった場合は、ホーム側が併設、提携している施設に移転といった契約もあります。

 

2、住宅型有料老人ホーム

食事などのサービスが付いた居住施設ですが、介護サービスはありません。要介護になった場合、外部の居住介護事業所から介護サービスを提供してもらいます。その場合、外部の事業所ですので介護サービスはもちろん別料金で有料となります。

 

3、介護付き有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)

特定施設入居者生活介護に指定された、介護サービスを義務付けられた有料老人ホームです。要介護者3人に対して介護スタッフが最低1人以上配置する必要があります。介護サービスはホームのスタッフが提供します。

 

4、介護付き有料老人ホーム(外部サービス利用型特定施設入居者生活介護)

外部サービス利用型特定施設入居者生活介護に指定された施設です。ホームのスタッフが安否確認等を行い、介護サービスは委託先の介護サービス事業所が提供します。

個室の広さ

有料老人ホームの居室は普通、個室が基本となりますが、要介護者の介護居室は4人以下の相部屋になるケースもあります。厚生労働省のガイドラインでは、「有料老人ホームの個室の床面積は13u以上」、「相部屋の場合は1人当たり9u以上」で「廊下幅1.8m以上、中廊下幅2.7m以上」と定められています。つまり、畳一畳の広さは大体1.6562uになりますから個室の場合は8畳くらいの広さ、相部屋の場合は1人当たり、5畳半くらいが最低の広さとなります。

ただし、すべての居室が、18uの個室で、トイレと洗面所が設置されていれば、廊下幅1.4m以上、中廊下幅1.8m以上となっています。

特別養護老人ホーム

「特養」と言う言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。その言葉は、特別養護老人ホームを略している言葉になっている事もあります。この「特養」と有料老人ホームの違いは何だと思いますか。

「特養」とは住宅介護が難しい、要介護者が入居する公的福祉施設です。月額費用が低額なのですが、その分、要介護者であれば誰でも入居できるわけではなく、介護優先度の高い人から順に入居となります。中には数年待ちというケースも少なくありません。法改定で現在居住費、食費に当たる2万円〜5万円が自己負担になりました。介護がなくては生活できない人のためにあるので、入居金は必要はなく安価ですが、ほとんどの施設は相部屋で、いつ入居できるのか何とも言えないのが現状です。

Favorite

ボート免許を大阪で取得

2017/10/20 更新